画材を揃えよう!

ブログ_MG_5786_convert_20180328192036


春期講習会が3月26日から始まりました。
受験はこれから先の高校1.2年生。
初めての受験を迎える3年生。
リベンジするぞ浪人生。
それぞれ目標をしっかりと定めて充実した1年間を過ごしたいですね☆

そこでまずは画材のチェック!
高校生はどんな画材が必要なのかの確認を。
浪人生は、慌ただしい受験日程の中で画材の消耗が激しいはず。
絵の具に偏りが出ていたり、筆が寿命を迎えていたり、鉛筆も小さな物ばかりになっていたりしませんか?
『弘法筆を選ばず。』の言葉が有りますが、これは普段から良い筆を使って理想とする文字が書けるようになっていたからこそ、粗末な筆を使っても理想の形に近づけることが出来るの意味。
良い画材、良い道具を使うことが上達への第一歩ですね。

この表をチェックして、持っていない画材を用意しておきましょう!
画材表_convert_20180328192313
スポンサーサイト

藝大デザイン科の ???

現在、東京藝術大学のデザイン科は入試の真っ只中。
昨日は石膏デッサン、今日は構成デッサンの試験です。
アトリエヴィーナスの受験生も入試会場で頑張っていることでしょう。
そしてこの一次試験に合格すると色彩表現と形態表現の最終試験が待っています。
このような試験を乗り越えて入学する藝大のデザイン科。

アトリエでは生徒面談や保護者面談を定期的に行っていますが、藝大に対して知らない事や誤解を様々聞きます。
最近では藝大の面白可笑しい逸話を集めた出版物が発売されて話題になったり、
またメディアなどで発表されている大学入試データの内容が学部単位になっていることも誤解に繋がる原因のようですね。

藝大の歴史は130年。数々のアーティストを生み出してきた日本でトップの美術大学。
昨年度のデザイン科の入試倍率は約14倍。
この高倍率を勝ち残って入学した人達が集まる大学ですから、実技レベルが高い。
細かい数字はともかくとして、藝大が難関校であることは大半の人が把握しています。

そこでよくある疑問、質問とその答えを紹介しましょう。

Q1.
藝大の偏差値は非常に高いので、学科が相当出来ないと入れないのでは?
A.
藝大には芸術学科や建築科があり、こちらに入学するには東大・慶応・早稲田に入れるレベルの学力が必要です。
新聞や入試情報などのメディア発表では美術学部をまとめたデータの為、その結果偏差値は非常に高くなります。
デザイン科(ファインアート系も含め)の入試では、私立美大に合格できる位の学力があれば問題ありません。

Q2.
うちの子供は才能なんて無く到底藝大は無理なので、多摩美武サ美なら狙えると思っているのですが。
A.
美大を受験する多くの受験生は、私立美大と藝大を併願しているのが実際です。
多摩美や武サ美へ確実に合格できる実技力を身に付けたのであれば、藝大へ合格する可能性は当然でてきます。
藝大は無理でも私立なら入れると思って受験学習に取り組むと、私大入試で良い結果を出すのは難しくなってしまうことでしょう。
才能は信じて磨くものです。
 
Q3.
藝大は就職率が低いので、入学しても就職出来ないということでしょうか?
みんなアーティストになるのでしょうか?
A.
ファインアート系(日本画科/油絵科/彫刻科/先端芸術科)は画家やアーティストになる場合が多くありますが、デザイン科はデザイナーになる為の学習をする科ですので、卒業後ほぼ100%就職します。
藝大デザイン科の卒業生の就職先は私立美大よりも自由に選べる状況にあり、一流企業への就職率は私大よりも高いくらいだったりです。
やはり、メディアで発表される就職率は美術学部の全体データですので、アーティスト志望のファイン系とデザイナーとして企業へ就職するデザイン科とを合わせると、就職率の数字は低い結果になります。
因みにデザイン科の就職はデッサン力を活かしたゲーム系やアニメーション系などが強く、他にグラフィック、プロダクト、空間、映像など様々な職種に就いています。

Q4.
古くからある大学だから機材も古いのでしょうか?
A.
藝大は130年の歴史が有りますが、130年前の機材なんてモノは無く、当然最新鋭です☆

そして学費は私立美大の約1/3!
藝大へ入学すると学生の将来性は拡がりますし、親御様にとっても良い事尽くしだと思います。
美術関係以外の方の場合、この世界は分からないことが多くあると思いますので、お気軽にご質問くださいね。

藝大入試の最終試験、色彩表現と形態表現は3月8.9日。
もうひと頑張り!受験生!


一歩一歩の歩み

美大入試はいよいよ本番。
明日から約2週間、連日試験のタイトなスケジュールです。
集中力を保ち、体調を管理し、そして目標に向かって一歩一歩歩んできた自分を信じ、いつも通りの制作姿勢で
『素晴らしい!カッコイイ!惚れ惚れする!』そんな作品を描いてきてください。

そしてそんなデザイン科の受験を乗り越えて多摩美に入学したのち、
フォトグラファーとして一歩一歩歩み始めている なかじま ももこ さん の展示案内です!
興味のある方は是非足を運んでくださいね☆

深夜の美術展 vol.4
~都会の喧騒の中でひっそりと、 深夜にだけ開催する美術展です。
美大生/イラストレーターなど13名の展示。
会場: くるくる Global Hub (JR渋谷駅から徒歩5分)
チケット 1,000円(1ドリンク付き/入退場自由)

深夜の美術館_convert_20180131185214

◎ なかじま ももこ さん からのコメント
『机上の海論』(きじょうのうみろん)という作品を、深夜の美術展に出品します。
百枚の海の写真を手に取ってご覧頂くものです。
お時間のある方はぜひ、楽しい夜更かしをしにいらしてください。


篠原涼子・石田ゆり子・高橋一生・前田敦子・斎藤さんだぞ。

12月_convert_20171229145423

私のお話で恐縮です。
普段はここでの講師と共に、ギャラリーや美術館で作品の展示発表をするなどの作家活動をしています。
その他にも藝大のデザイン科を出ていることもあり、催事のポスターやチラシのデザインなども入ってきたりといろいろ仕事をしています。
そして今回はテレビの仕事。
以前にもテレビ番組のセットを作ったり、映像作品に作品提供することもありましたが、連続ドラマは初めてでした。
10月から12月までの間に放映されていたフジテレビの月9ドラマ、『民衆の敵~世の中おかしくないですか』
この物語は、篠原涼子が演ずる主婦が市長になって世の中を変えていくといった市政エンターテイメントで、そこに出てくる市長室に飾られるオブジェとして私の作品が使われました。
全10話の5話目辺りから毎回チラリと映り、出演者の篠原涼子・石田ゆり子・高橋一生・前田敦子・トレンディーエンジェルの斎藤さんらと映る作品を観ると、どうしてもニヤリとしてしまうものです。
テレビを通して自分の作品を観るのは面白い経験ですね。

さて、受験生はこれからが入試本番!
大学に進学した後は、やりがいのある様々な仕事が待っています。
がんばれ受験生!
では、良いお年を。

入試の傾向と対策

今年の武サ美視デの入試は、昨年までの傾向だったデッサン課題『手とモチーフの構成デッサン』から静物デッサンに変更するとのこと。
各大学の入試出題傾向は何年か毎に変わったりします。
出題を担当する教授が交代、前年度の合格者の作品志向からの影響、また傾向の課題だけが出来る受験生をつくらないようにするなど、様々な理由があるようです。
いずれにせよ傾向とは、受け身である側が過去の経験から勝手にそうだと思っているだけのことですので、有って無いようなモノでもあります。
以前ある大学の入試課題を出題している教授に質問したことがありました。
「本当に上手な人を大学に入れたいのなら、なぜ毎年入試課題の傾向を変えないのでしょうか?何が出題されても対応できる事が本当の表現力なのではないでしょうか?」と。
するとその答えは「決まり切った事を普通にこなせる力も大切。」とのこと。
それも確かに…
絵画に必要な基礎表現を普通に身に付け、普通に課題文を読み、普通に条件を満たした制作が出来る人は意外と少ない。

何十年か前にTVCMで岡本太郎は「芸術は爆発だ!」と言い、世間一般では芸術家とはそのようなモノだと思い込んでいた時代も有りましたが、
デザイナーやアーティストは感性を爆発させる仕事であるのと同時に、
必要な事を淡々とルーティンとしてこなせる力も求められる仕事なのです。

という事で、12月は私立美大の入試傾向に合わせた模擬試験があります☆

11月ブログ_convert_20171130171922
プロフィール

Author:アトリエ ヴィーナス
芸大・美大受験予備校&絵画教室です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR