西洋絵画の巨匠100(最終回)

ようやく今回で最終回。これまで100人の西洋絵画の巨匠を列挙してきましたが、当然偏りもあるでしょう。そしてまだまだこのあとに続く巨匠もいるでしょう。
そこは皆様の興味関心に委ねましょう。西洋絵画に限らず美術は本当に多様な展開をしているのですから。

今回はシュルレアリスム、アンフォルメルから抽象表現主義まで。戦後までを一応の括りとします。
その後のポップアートなどは、いつかまた…。

96 マグリット
ベルギーの画家。シュルレアリスムを代表する画家。
この簡潔で分かりやす過ぎるくらいの表現様式とそこに含まれるイメージのバランスは、すんなりと観るもののなかに入ってくる。
写実過ぎても表現的過ぎてもいけない。そのあたりがすごく絶妙。
「光の帝国」のように、一見自然な眺めの中から、違和感と共に新たなイメージをグッと沸き上がらせるその手法は、何気なく捉えている日常に対し、新たな視点や発想というものを投げ掛けさせる。
hikarinoteikoku_convert_20121113023533.jpg

97 デュビュッフェ
フランスの画家で、オブジェや空間表現も手掛ける。
アンフォルメルの画家ではあるが抽象的な表現に留まらず、この「暴動」のように、重厚な絵肌に原初的な人物像を荒々しく描き出した。
そこでは従来の伝統的な西洋絵画の価値観を批判、否定し、新たな美術の流れを切り拓こうとする力強い意志が感じられる。
とは言うものの、今ではしっかりと西洋絵画の流れに組み込まれている。
これまでの価値観を問い直すことが当たり前の行為になってしまったというのは、皮肉です。
また、今でいうアウトサイダーアートを見出しました。
201105102233102f6s_convert_20121113023451.jpg

98 ロスコ
生まれはロシアだが、アメリカで育ち活躍した抽象表現主義の画家。
この時代の流れだけれど、シュルレアリスムから具体的な事象ではないものへの関心が高まり、抽象表現主義へと展開。
このシーグラム壁画のための「壁画no.4のためのスケッチ」のように、巨大な画面のサイズの中で曖昧な矩形が浮かび上がるカラーフィールドペインティングは、宗教的とも言える空間を作り出す。
そこでは作品を前に鑑賞するというより、作品に覆われて体感、対峙するというのに近い感覚。
千葉県の川村記念美術館のロスコ・ルームは必見(必感?)です。ぜひ。
rothko_convert_20121113023555.jpg

99 ベーコン
アイルランドの画家。専門的な美術教育は受けておらず、独学で絵画を描き始めた。
主な題材は自画像や写真、「ベラスケスの教皇イノケンティウスⅩ世像による習作」のように名画から引用した人物だが、その形態は歪み捻られ、グロテスクなまでに変容している。
暴力的なイメージ、薄気味悪さが観ることを拒んでいるように思えてならないが、それとは対照的にその絵画空間は簡潔で美しい。だからこそ奇妙な感覚と違和感が余計に沸き起こるのだろう。
また、アトリエの様子も写真に残されているが、絵具をぶちまけたような…という言葉では片付けられない様相です。
126758325025616231125_m051-01_convert_20121113023514.jpg

100 ポロック
アメリカの画家。ロスコ同様、シュルレアリスムから抽象表現主義へと展開した。
床に置き広げたキャンバスに絵具を滴らせたアクションペインティングは、その行為自体も重要。「秋のリズム」のような大作を前にすると、知らず知らず行為の追体験を迫られるかのようです。
一見すると偶然性にまかせただけのように感じるが、映像に残された制作の様子を観ると、しっかりとコントロールした表現であることは間違いないようです。
この抽象表現主義によって、美術の動向はヨーロッパからアメリカへと大きく動き出すことになります。
2011-11-pollock-autumn-rhythm_convert_20121113023420.jpg

…完…
スポンサーサイト
プロフィール

Author:アトリエ ヴィーナス
芸大・美大受験予備校&絵画教室です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR