日本画科基礎部特別課題No.1

_1243069.jpg
3学期がはじまり、昼間部、夜間部は直前講習会で朝から夜まで頑張って制作していますが、来年受験を控えている生徒も負けじと頑張っています。

日本画科では現在、基礎部を対象に特別課題を行っています。月に1度行われ、今回は「有色地デッサン」を行っています。

本来、通常の課題では白い紙に黒い鉛筆で描いていきますが、今回はグレーの紙に白いコンテと黒い鉛筆で描いていきます。

この課題の目的は、形を手前に出すには「明るくしなければならない」ということと、白から黒までの明度幅を自分の手で作っていかなければいけないので、それを自分で実感し、立体や空間の意識をよりつけさせる訓練として行っています。

例年この課題を行っていますが、生徒のみんなは有色地デッサンを描き終わった後の石膏や静物デッサンは見違えるほど上達しています!

色幅が増えなかったり空間意識がしづらい場合は是非お試しください!
スポンサーサイト
プロフィール

Author:アトリエ ヴィーナス
芸大・美大受験予備校&絵画教室です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR