日本画材実習


日本画学科では、造形祭制作に日本画画材を使います。
ここで初めて岩絵の具に触れる高校生も多いので貴重な授業になります。

実は日本画学科の美大芸大入試では日本画材の一つ岩絵の具を使用することはありません。
入試時間という限られた中での扱いが難しい画材だからです。
入試では透明水彩やアクリルガッシュが使われています。

しかし大学に入ってからはいきなり専門的な日本画材の授業がぎっしりと行われるのです。
あらかじめ予備知識があるとないとでは、授業についていくのに雲泥の差です。

美術高校などではない限り、普通の高校生が岩絵の具を扱うこともないですよね。
わたしも一般高校出身なので、美術展などで「日本画きれいだな~」と見ていたぐらいで、
触れた経験はありませんでした。
この日本画実習での体験は一生の中でも大切な時間になると思います。
人類が初めて絵の具で絵を描いたであろう時代から変わらないやり方で描く、
そうした絵の長い歴史を感じながら感動を味わってください。


スポンサーサイト
プロフィール

Author:アトリエ ヴィーナス
芸大・美大受験予備校&絵画教室です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR