同じモチーフ、違う画材!

長かった梅雨も開け、暑い日が増えてきました。
ここから夏も本番です。
皆さん体調を管理して元気に制作に取り組みましょう!
絵を描くというとインドアなイメージですが、
体を使って、もしくは制御して制作をしていきますから
意外と体力を使うものです。
夏期講習は絵を描ききる体力をつけるのにも
とても良い練習になりますので
一枚一枚集中して描いていきましょう。

さて、今回の油絵科は構成課題です。
昼の総合コースは鉛筆デッサン、夜の今日コースは油彩の授業を行っています。
課題文はどちらも「与えられたモチーフを組み合わせて自由に表現しなさい」、
配布のモチーフはテニスボール・サランラップ・紐で
こちらも総合・強化共に同じ内容です。
受験生たちの多くが両方のコースを取っていますから、
まったく同じ課題内容を異なる画材で取り組むことになります。

20167.jpg

油絵科の使用画材は油彩・鉛筆・木炭が主ですが、
それぞれ全くさわり心地の異なる画材です。
同じ太さ、同じ長さの線をそれぞれの画材で描こうと思ったら
別々のプロセスでゴールを目指すことになるでしょう。
例えば、木炭で鉛筆の線を再現しようと思ったら、
一度塗ってから両端を消して細くしてみるなど。
自分の表現したいものを、指定された画材で表現するには
どんなプロセスが適しているのか
考える機会にしてもらえると嬉しいです!
絵を描く、作品を作るというのは目や手だけでなく
頭で描いていくことが必要になります。
皆さん頭をフル回転させて課題にチャレンジしてください。
スポンサーサイト
プロフィール

Author:アトリエ ヴィーナス
芸大・美大受験予備校&絵画教室です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR