FC2ブログ

されどりんご②

前回の続きです!
今回は実際絵に描いてみました~ーー!
透明水彩で2時間くらいですかね~~ーー!



実際描いてみて、思いました。

りんご、
めっちゃむずい!!!

りんごというモチーフは組み合わせるモノによって、
暗めになったり、ハーフトーンになったり、
しぶくなったり、鮮やかになったり、
相手に合わせて七変化するモチーフなんだなぁ…、、と思いました。

ただ今回描いてみて強く思ったのは
りんご、もはや赤くないのでは…!?
今回は赤い絵の具は3種類くらいしか使ってないです。
W&Nのブラウンマダーとウィンザーレッド、
ホルベイン、キナクリドンスカーレット。

それよりも、白やピンク、黄色オレンジ、茶色や黄土色、黄緑など、
赤がより美味しそうな赤に見えるような
ベースの色を作るのが主な課題でしたね…。

今回多用した色は、
ホルベインから、
チャイニーズホワイト、シェルピンク、オペラ、
ジョーンブリヤンNo.1,2、バーミリオン、
イエローオーカー、リーフグリーン、コンポーズグリーン、
クサカベから、コーラルレッド、パッションオレンジ、
W&Nの、ターナーズイエロー、ローズドーレ、イエローオーカーライト、
そんなところを多用しました。
赤より赤じゃない色のほうが圧倒的に使いましたね…。


たぶんクリックしたら大きくなります!



20181031212023b5b.jpg

△デッサンは、今回は軽めに。ムービングを把握したら絵の具に入っちゃいました。

2018103121211567e.jpg

△透明水彩どこから塗るか問題は永遠のナゾだと思うのですが、
私は「イメージしやすいところから」でいいと思ってます。
ヘタ付近から塗ってます。


201810312121507c8.jpg

△とりあえず全部塗ったところ

2018103121222670d.jpg

△りんごはつやつやが命だと個人的に思っているので、
白の絵の具でつやっと感を描き起こしています。
この時の絵の具の濃度は、ほぼ水なしくらいの濃いめ。

20181031212320aae.jpg

△つやつやの上からもう一回、模様を描きました。
もうすこし赤くてもよかったかもしれない、と思いながら
ここで終了しました。


というわけで、りんごは難しいですね…。。
形がまんまるくなりすぎてしまったので反省。

りんごは品種によっても赤味が
茶色よりであったり、ピンクよりであったり、
黄色が強かったり、いろいろです。
固定概念に捕らわれず、そのものを観察していきましょう。

もう少し赤くてもよかったかな……?







スポンサーサイト
プロフィール

Author:アトリエ ヴィーナス
芸大・美大受験予備校&絵画教室です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR