FC2ブログ

石膏デッサンは楽しい!

美大入試が語られる際によく出る話、石膏デッサン不要論です。

「石膏像が描けたからなんだ?将来の役に立つのか?」との意見は判らなくはなく、実際のところ近年の入試から石膏デッサンは減る傾向にあります。
長く続いてきた『藝大のデザイン科入試といえば石膏デッサン』も数年前からは私大入試と同様の構成デッサンが選択できる試験になっています。

構成デッサンは石膏デッサンと比べて発想や構成能力が求められるため、個性の豊かさや観点の良し悪しも判断基準になる訳ですが、
ひたむきに 『形を合わせる』 『顔を似せる』 『陰影を追う』 『空間を出す』 といった
素直に描いて写し取ることに集中出来る石膏デッサンは、デッサン力を鍛える上でシンプルで有意義なモチーフですので、
無くなってほしくない入試課題でもあります。

そんなこんなの石膏デッサン、
参考になればとアップしました。

今回描いている石膏像はカッパヴィーナス。
正式名はカピトリーノのヴィーナス。
古代ギリシャの彫刻家プラクシテレスが、紀元前150年頃制作したと考えられている像です。

1時間ほどで全体感を掴み、更に描き進めていく中で顔が似ない原因を探っていると…発見!
顔の右半面はほんのりと頬の筋肉が持ち上がり朗らかな顔、左半面は筋肉が下へ下がり疲れているようなやつれた顔!!!
多くの彫刻作品や人物画で自然観として行われている非対称の表現ではありますが、一見無表情の顔のカッパさんも同様に造られていたことに感動!
紀元前150年の彫刻家の意図が伝わってきたようで更に感動!

そして結論!
『石膏デッサンは楽しい!』

このデッサン、仕上がったならば…☆ 来月のブログでアップします。

■1.5時間制作
IMG_3360_2h_convert_20190731171837.jpg

■3時間制作

スポンサーサイト



プロフィール

Author:アトリエ ヴィーナス
芸大・美大受験予備校&絵画教室です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR