FC2ブログ

ふらりと立ち寄った古書店で…2

『後悔』…
これまでいろいろな後悔がありますが、観たいと思っていた展覧会を見逃してしまった事というのは、本当に悔やまれる。何があっても観ておくべきだったと…。

ところで、靉光(アイミツ)という画家、ご存知ですか。
美術の教科書にも載るくらいなので、一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

先日、ふらりと立ち寄った古書店で『生誕100年 靉光展』という展覧会カタログを発見。
これこそ、観ようと思って見逃してしまった後悔の展覧会でした。
2007年のちょうど今頃、どうして東京国立近代美術館に足が向かなかったのだろう。

展覧会カタログを入手できただけではあるけれど、ほんの少し後悔が晴れた。と同時にそれでもやはり本物を観るべきだったとまた新たな後悔が沸々と…。

日本のシュルレアリスムの傑作『眼のある風景』はもちろん、この作品以外にも、様々な題材や画風がありますが、その作品群の根底にしっかりと繋がっている彼独特の世界観は、観るものをぐっと引きずりこんでしまうとてつもない力がある。
東京国立近代美術館には代表作『眼のある風景』が常設展示されていますので、その力を体感したい方はぜひ。
カタログを観てみたいという方は、講師室に一声かけてください。お貸ししますよ。
exhb_78_convert_20110529043807.jpg




スポンサーサイト



プロフィール

Author:アトリエ ヴィーナス
芸大・美大受験予備校&絵画教室です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR