FC2ブログ

造形祭作品制作へ向けて

各科今月末から七月に行われる造形祭の出品作品制作期間となります。日本画科では実際に大学に入ってから使用する岩絵具を使って絵を描きます。

いざ作品を制作しようと思っても、いきなりその場で考えて描き出せるようなものではありません。何を描くのか、どんな構図か、背景はどんな色か、何を伝えたいのか…。まずは一つ一つ言葉に書き出して整理してみましょう。ビジョンがわかっていないまま描き進めると必ずあとで行き詰まります。これらはプラモデルでいう設計図のようなものですのでしっかり考えておきましょう。

特に日本画の絵の具はざらつきがつよく、水彩や油絵具のようにまぜて使うことも出来ません。そのため簡略化した形の中を均一に塗ることや線の綺麗さが求められます。だからより下図をきっちりと作って実制作の上ではある程度その工程に沿って作業を進めていくことになります。

post_news05_2_convert_20170530174908.jpg

こちらは日本画の巨匠上村松園の下図と本画です。下図もこちらは最終的に採用したもので、ここまで行き着くまでに何枚もの別の図を描いていたようです。それでもまだ微妙に紅葉の位置を修正しているのが見て取れます。

制作は月末からとなっておりますが、みなさん試験と一緒で準備は早目に、今から構想だけでも意識しておきましょう。

スポンサーサイト
プロフィール

Author:アトリエ ヴィーナス
芸大・美大受験予備校&絵画教室です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR