FC2ブログ

鉛筆ケースなんのその

夏期講習会おつかれさまでした。
8月も終わりに近づきましたが、まだまだ暑いです。
みなさん、どんな夏でしたか?


さてはて、今回は鉛筆ケースのお話です。
デッサンって最低でも20本、多いと40~60本くらいの鉛筆を使うことになりますよね。
プラスで練りゴム、プラ消し、カッター、擦筆、ティッシュ、羽箒…、などなど、
普通の筆箱には収まらないくらい、デッサン道具って多いんですよね…。
そこで、おすすめの『デッサン用お道具箱』を私独自の視点から、紹介したいと思います!
画像はAmazonから引っ張ってきてます!



まず美大受験生の中でも最もポピュラーだと思われる『工具入れ
ホームセンターで売ってますね。
311olW_Y4yLAC_AC_SR9895.jpg
ネジとかボルトとか入れるやつですね。
仕切りが多く、自由に配置できるタイプのものがおすすめです。
これだと鉛筆を、①H系、②2H~3Bとかのよく使うやつら系、③B系、と種類別に収納できます。
鉛筆を探す手間が省けますね~。
かつ鉛筆以外の道具も楽々入ります。便利です。
ほとんどの受験生がこれです。





まだ40本も鉛筆を持ってないよーって方は
もう少しコンパクトで仕切りの無い『プラケース』を使っていたりします。
こちらは100均などで購入できます。
31lBuAY2pAL.jpg

41F60ZKlExL.jpg

プラスチックケースのよいところは、安くて手に入りやすく、丈夫なところです。
悪い点は汚れが目立つところでしょうか。
その汚れも私は好きでしたね…。
がんばった証!!という気がして…。






プラケース番外編、
頑丈な箱だったら何でもええやんけ!というタイプの方で
ときどき見かけます。『タッパ―
41cc6W6l4GLSL1000.jpg
3年に1回くらいの割合で出会います。






9割方の受験生が工具入れやプラケースを使っています。
そして、なんか…、みんなと同じって嫌だな………、。
と思い始めた私が辿り着いたのが『お菓子箱』!
条件として、丈夫なこと、汚れが目立たないor掃除しやすいこと、
サイズ感がちょうどよいことです!





まずは王道、とらやさんから『竹皮包羊羹

1450172508_b.jpg

とらやさんのお箱はいつ見てもかっこいいですね~。
そしてふたが薄いことも魅力的です。邪魔になりません!
しっかり頑丈な作りをしていて、内側も金色仕上げで素敵です。
ただ個人的にとらやさんで一番美味しい商品は宇治金時です。
かき氷おいしい。





一番のお気に入り銀座たちばな『かりんとう』角缶1号。
61gHXUSOsyLSL1000.jpg
缶タイプは持ち運ぶ時に鉛筆を傷つけやすいのですが、
ハンカチや布を中に敷いてあげると、鉛筆を折らずに持ち運ぶことができます!
水浅葱色のような渋いお色が素敵です。
あと何より、かりんとうがすごくおいしい。
すごくおいしい。





缶といえばせんべい缶でしょ!ということで
紫野和久傳さんから『蟹おかき

無題
P11403660-8.jpg
画像は素敵なサイト、「おいしいお取り寄せ」さんからお借りしました。(全部おいしそう)

冬限定のすごいおせんべいです。すごいおいしいです。
銀色ベースに金の唐草模様がシンプルに素敵で大好き。
箱がかっこいいと鉛筆のメンテナンスを欠かさなくなる不思議…。
かっこいい箱には常にかっこいい鉛筆をしまっておきたくなります。







最近はクッキー缶もかわいいものが多いし、チョコレートの箱も頑丈なものが多いし、
おいしそうかつ鉛筆がちょうどよく入りそうな箱に入ったお菓子を見つけると
すぐよだれがでます。

工具入れをカスタマイズして使いやすい鉛筆ケースにするもよし、
お気に入りの箱を見つけるのもよし、
自分好みのケースに鉛筆を揃えて、楽しくデッサンしましょう!




スポンサーサイト
プロフィール

Author:アトリエ ヴィーナス
芸大・美大受験予備校&絵画教室です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR