FC2ブログ

縁辺対比

縁辺対比という言葉を聞いたことはあるでしょうか?
縁辺対比とは、白黒でデッサンを描いていく上でとても重要なものです。
本日は縁辺対比のお話をしていこうと思います。


まず、下の図を見てみましょう。
特に見てほしいところは、色と色の境目の場所です。
明るい色が暗い色に接している境目は、なんだか少し明るく見えてきますよね。
縁辺対比とは、異なる明度の色が隣り合った時に境目が目の錯覚によって強調されてくる現象のことです。

20190830150838a44.jpeg


次はこちらの2つのビンの図を見てみましょう。

20190830150840170.png

このビンの色を見て、どう思いましたか?
この2つのビン…実は2つとも同じ色なのです!

右側のビンの色の方が、なんだか明るく見えてきませんか?
これも、縁辺対比という現象を使ったものです。
左のビン図は、ビンの色と背景の色の明度差がほとんどないため、ビンの色がぼんやりとしか見えてきまん。
対して、右側のビンの図は、ビンと背景の明度差があるため、ビンの明度が明るく見えてきます!

この現象をうまく使っていくと、デッサンの完成度が上がっていきます。
例えば、金属のハイライトを描いていくときに…ただハイライトを白く抜くだけでなく、白いハイライトのとなりに黒い明度の低い色を置くと、ハイライトがぴかっと明るくはっきりと見えてきますよね。
このような目の錯覚を利用していき、作品のクオリティをアップさせていきましょう!
スポンサーサイト



プロフィール

Author:アトリエ ヴィーナス
芸大・美大受験予備校&絵画教室です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR