FC2ブログ

絵画構成ゼミナール 『陰影法を学ぶ』

受験生対象の絵画構成ゼミナールは、理論と演習、ヌードクロッキー会、映像学習の3種で構成されている授業です。
今回は『陰影法を学ぶ』をテーマとした演習課題。
そこでレンブラントさんに登場して頂きました!


2_convert_20191031170335.jpg
3_convert_20191031170424.jpg

【課題】ポートレートから模写へ
1、以上の図版から1種を選びます。(明部と暗部の割合を記しています。)
2、1で選んだ絵と同様のライティングをして写真撮影をします。
3、撮影した写真を鉛筆デッサン模写します。


IMG_0569-3_convert_20191031170531.jpg

※2の写真撮影ではモデル、照明、カメラマンを生徒同士で入れ替わりながら担当。
~レンブラントの絵画から光源の位置を見つけ出し実践することで、光の演出効果を現実的にイメージできるようになります。
※3の模写では、鉛筆の使い幅やタッチの当て方などを工夫して絵画として表現します。

IMG_0575-2_convert_20191031170602.jpg

映像作品、舞台演出、ディスプレイ、インテリア、商品撮影、美術品展示など視覚的に魅せる表現の大半は、光の演出によって存在感や価値観が変わるといっても過言ではありません。
デザイン科入試の場合は手の構成デッサンを描く機会が多いですが、制作場所で何となく描き写すのではなく、作品イメージを作り上げるような光の演出をしていくことで作品が魅力的になります。

スポンサーサイト



プロフィール

Author:アトリエ ヴィーナス
芸大・美大受験予備校&絵画教室です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR